バイアグラ ジェネリック

バイアグラのジェネリック医薬品とは

バイアグラには、ファイザー製薬の正規品と、

 

バイアグラの同じ効果として販売しているジェネリック

 

二つのバイアグラが存在します。

 

しかしこのジェネリックバイアグラの『同じ効果』は実際本当でしょうか?

 

 

ジェネリックバイアグラの本当と嘘

 

 

ジェネリックは医薬品の特許が切れているので安価で販売している。

 

これは半分本当で半分が嘘です。

 

特許が切れているのは、バイアグラの物質特許で、

 

製法特許や製造特許が切れているわけではありません。

 

言葉が非常に似ているので混同しやすいですが、製法特許が切れていない物は、

 

本物のバイアグラに入っている添加物まで一緒の成分で製造はできません。

 

効果の効き目や持続時間などに影響するので、正規品のバイアグラが良いとされています。

 

効き目効果で正規品がオススメ!

 

もちろん、ここで紹介している薬の代行輸入業者が取り扱う

 

数多くのバイアグラジェネリックの中で効果があるとされる

 

商品をセレクトはしてはいますが、安全性からも本物がオススメです。

 

ファイザー製薬はバイアグラ製造に莫大な資金で開発をしています。

 

その莫大な研究費の内訳には、『安全テスト』も含まれています。

 

ジェネリックバイアグラの製造元は、その安全テストをファイザー製薬のレベルまでは達していません。

 

輸入通販で口に入れるものです。日本の病院で処方されている全く同じバイアグラなら安心です。

 

(日本の医薬品の認可基準は世界で最も厳しいレベルです。)

 

バイアグラは容量別に3種類あります

 

実はバイアグラには25ミリグラム、50ミリグラム、

 

100ミリグラムの錠剤がアメリカでは販売されていますが、

 

日本で認可されたのは、25と50ミリグラムの2種類だけです。

 

 

100ミリグラムは、日本人の体格だと容量が多すぎると厚生労働省が判断した為です(厳しい基準ですね。)

 

バイアグラを処方ナシで服用する通販代行を利用する方で、不安に感じる方がいたら

 

 

25ミリグラム、50ミリグラムのどちらかを選んでみるのがオススメです。


バイアグラジェネリックの口コミ評価は?正規品との違い